●指導講師      大作  株式会社ユーカリ光学研究所  所長

●学習期間    3ケ月    毎月1日開講(前月15日申込締切)

●受 講 料    47,100円(税別)

〔受講対象者〕

電気、電子、機械光学関連会社の開発設計担当、製造技術担当、検査担当、営業技術担当の方。特に“光学技術の基礎講座”を受講した方でさらにグレードアップした学習を望む方。

〔ねらいと特色〕

 1.本講座のために、講師が特別に書き下ろしたテキストを使用。

 2.本講座は現在すでに開講中の“光学技術の基礎講座”に続く光学シリーズ第2弾として前講座よりワンランク上のレベルの内容をもつことで中級という位置付けをしている。つまり、光学系を適正に取り扱うための理論的な裏付学習をする。

 3.“光学技術の基礎講座”で基本的な光学設計の理論と応用についての定性的な理解はできたという前提にたち、本講座ではさらに自分でレンズの設計をしてみたい、定量的な理解を深め体系的に学習したいとお考えの方を特に受講対象としている。

〔テキスト内容〕  

《1ヶ月目》光学理論編  

第1章 幾何光学

1 ガウス光学

2 光線収差

3 収差の変形  

第2章 干渉

1 波動  

2 干渉縞  

3 干渉縞の応用

第3章 回析

1 回析

2 開口と回析  

3 差解像力

《2ヶ月目》生理光学編

第1章 眼の構造

1 解剖学的構造

2 情報系としての構造

3 横型眼

第2章 眼の機能

1 眼の能力

2 屈折異常

3 検眼とめがね

第3章 測光、測色

1 測光

2 測色

3 収測定装置

3ヶ月目》評価法編

第1章 追跡計算

1 収差係数の計算

2 追跡計算

3 自動設計

第2章 収差図と画質

1 ザイデル収差係数

2 収差図

3 スポットダイアグラム

第3章 MTF

1 原理及び計算

2 MTFと像

3 測定装置

 

講師紹介

 

1959年  金沢大学 理学部 卒業

同 年  三協精機製作所梶@入社

1964年  兜ロ谷ガラス(現 HOYA) 入社

1967年  鞄結梃学機械(現 トプコン) 入社

     カメラレンズ、医療用光学系、測定器/測量機の光学系、赤外光学系の研究開発の従事

     この間 ・応用物理学会光学懇話会常任理事

         ・JIS光学用語等審議委員

         ・日本赤外線学界企画委員

         ・光学工業技術研究組合 副運営委員長 を歴任

1985年  同社を退職。潟ーカリ光学研究所を設立現在に到る

     主な業務は ・光学システム/装置の開発受託

           ・光学技術者の教育養成受託

           ・光学技術コンサルテーション

 

 ●1985年以来本講座の指導講師担当を継続担当

  基礎、中級合わせて、延べ受講生数は3000人以上(08年1月現在)

 

 

Webから直接お申込の場合は、「Acrobat Reader」最新版をご用意下さい。

うまく送信できない場合は必要事項を明記の上、メールでお送りください。seminar@triceps.co.jp